里山に恋して

tanpopo830.exblog.jp
ブログトップ

見事!「ソババッケ(1,097m)」の紅葉#4

多分“ソババッケ”は一番ピーク時ではなかったかと・・
はらはらと散る時期にもう一度
行ってみたいなあ・・
c0366392_16211879.jpg

***************************************************************
平日のせいか人影は殆んどありません。10:04
この辺りは
まだ色づき初めみたい・・
c0366392_15524978.jpg

c0366392_15531211.jpg


男池(おいけ)は
ひところの面影も風情も
殆んど無くなってしまい
訪れる度に私的にはとても残念。
c0366392_1557059.jpg


この辺りももう少し先のようネ・・
c0366392_15593656.jpg

c0366392_15595339.jpg
c0366392_160851.jpg


“かくし水”に到着。10:44
c0366392_1613553.jpg

ハラハラ葉っぱが舞って
すごくきれい!
c0366392_1633695.jpg

少し色づいて来たね。
c0366392_1635012.jpg


あと一息。ーーの筈・・
斜面がだんだんキツクなって来ました。
ここを上り切れば
ファンタスティック!な世界が
待ってる筈・・
c0366392_1653291.jpg
c0366392_1654997.jpg


突然開けます。
わぁ~きれ~い!
c0366392_168639.jpg
c0366392_1682364.jpg


この崖の下が名所?“ソババッケ”
c0366392_1610084.jpg


到着。11:50
おおぉ~~!
いいね いいね~~!
c0366392_16221880.jpg

私ここにいまーす。
左下のほう座ってまーす!
c0366392_1622516.jpg

c0366392_16232460.jpg


ささ おべんと おべんと♡
c0366392_16242722.jpg

c0366392_16245087.jpg

おや 足元にツチアケビ。
もうだいぶ経ってる様。
ラン科らしいけど花はまだ見た事ないね・・
c0366392_162857.jpg


ここで丁度1時間も遊んでしまいました(笑)
“大戸越(ウトンコシ)”まで
時間的には大丈夫そうだけど
今日はここまで。
帰ります。12:50
c0366392_16332487.jpg


下りの方がコワイのよネ・・
c0366392_16342294.jpg

c0366392_16343914.jpg


ただいま~13:58
珍しく早い時間に帰還(笑)
明日明後日も予定が入ってるし
早く帰って準備しなきゃ(慌)
c0366392_16381135.jpg

**************************************************************
春から夏にかけてあんなに濃い緑が
どうしてあんなキレイな色に染まるのか不思議。
もちろん科学的根拠がある事は知ってます。
でも不思議。
山の神様の成せる技なのでしょう。
今日もおじさんおばさんは
楽しく遊びましたよ。
ありがとうの1日でした♪
c0366392_16483214.jpg

[PR]
# by tanpopo830310 | 2018-11-02 00:00

名前がステキ「暮雨(くらぞめ)の滝1,110m」#1

ひとさまのブログ情報で行ってみました。
苔の石と水と紅葉と空と・・
全体のバランスが美しい!
初めての場所はやっぱり新鮮!
c0366392_20191331.jpg

********************************************************
吉部駐車場から出発。11:12
c0366392_20211790.jpg

無人だけどマナーはちゃんと守らないとネ。
1台300円。泊りは500円。
c0366392_20232535.jpg

ではこの右側から入って行きます。11:17
このコンクリート道は
“坊ヶつる”に続く関係車両専用道路らしい。
c0366392_20382646.jpg


しばらくは水音が心地よいゆるい上り坂ですがーー
c0366392_20404071.jpg

c0366392_20415392.jpg

ですがぁーー
いきなり急坂!!11:25
c0366392_20432037.jpg

もうストックは返ってジャマ…
よじ登らないと。。
(あ、これは私個人の感想です。念の為)
c0366392_20463048.jpg


「まあノンビリ登ればいいよ。」
いつの間にか水音しなくなったネ…
c0366392_20494260.jpg

c0366392_2050646.jpg

あ~~やっと急坂終わり~~11:58
ちょっと休ませてネ。
距離の割には
標高差200mと言う意味判った。。
c0366392_2054615.jpg

後はまた緩い坂道。
c0366392_20554246.jpg

水音もまた聞こえ始めました・・12:04
“坊ヶつるへ”って書いてます。
c0366392_20581822.jpg

この辺りまで来るとだいぶ色づいてるね。
c0366392_2103119.jpg

あ!
滝へ下りる案内が。12:35
まっすぐ進むと“坊ヶつる”へ出るみたい。
私達は左へ下ります。

c0366392_2143919.jpg

約5分程下るとーー
見えて来た 見えて来た♪12:43
c0366392_2172373.jpg

楽さ7m、幅15m。
規模はそんなに大きい方じゃないと
思うけれどまあ!美しい!
ダンナさまは夢中でシャッター切ってます。
足場、結構危ないよ。
気を付けてね!
c0366392_2111738.jpg

滝の上側に行ってみたいんだけど・・
何せ足場が悪いし・・
(後でルートがある事を知った…残念)
c0366392_2116553.jpg

やっとお弁当♡
約50分間もここで遊びました(笑)
平日のせいか
私達がいる間は3組出会っただけ。
c0366392_21202276.jpg

c0366392_21212533.jpg


帰りの出発。13:36
“坊ヶつる”ルートへ
少しだけ足を延ばすと・・
あ、トリカブトにーー
c0366392_21271554.jpg

ツリフネソウにーー
c0366392_21324390.jpg

モミジガサ?
c0366392_21332888.jpg


私にとって心臓破りの?この急坂(笑)
下りはちょっと早いヨ。
でも下りの方が要注意です。
見よ。
この見るからにへっぴり腰を(笑)
c0366392_21363780.jpg

到着。14:57
Pに着くとーー
偶然居合わせた
P所有者(御年83歳)が言います。
「小暮雨の滝も是非観て。
私が名付けたんだ」と。
c0366392_2143561.jpg

この下らしい。
c0366392_21454372.jpg

なるほど。
カワイイ滝でした♡
c0366392_2147652.jpg

c0366392_2147201.jpg

********************************************************

暮雨と書いてくらぞめと読む。
ステキな名前の滝。
車ではゼッタイに行けない場所。
いきなりやって来る
あの急坂にはマイッタけど
ちゃんと辿り着いた。
今日も秋晴れ!
お弁当もコーヒーも美味しかった!
今日も本当にありがとうの1日。
c0366392_22161745.jpg

[PR]
# by tanpopo830310 | 2018-10-24 00:00

初めての「泉水山(せんすいざん)1,447m」~「下泉水山1,296m」#1

少しずつ足馴らし。
本日は長者原⇔泉水山往復コースの予定。
私達はゆる~~いトレッキング愛好者なので(笑)
c0366392_22255568.jpg

*****************************************************************
長者原に駐車。
日曜日のせいかほぼ満車。
見たところ8~9割は県外ナンバー!
では出発。10:50
c0366392_21253615.jpg


橋を渡って7~8分程歩くと
上り坂に出ます。
木々が生い茂って殆んど
整備されてません。
多分右側の明るい所を
上ればいいんでしょうけど・・
c0366392_21324677.jpg

でも私達は
あえて山の中を上ります(笑)
c0366392_21341856.jpg

約40分程
ひたすら上りました。
ーー行き止まり。
仕方なくこの草原へ。
c0366392_2135564.jpg

ではまた上ります。
足場はラクだけどずう~~っと上り坂(汗)
c0366392_21384480.jpg

ササリンドウ。
しばし癒されます♡
c0366392_2139516.jpg


再び林へ。12:15
c0366392_2141966.jpg

c0366392_2141311.jpg

アセビのトンネルに出ました。
c0366392_21422034.jpg

ああ ここから行くんだネ・・
帰りに寄ろうネ。12:35
c0366392_21435557.jpg

クマザサとススキ深いネ!
足元が見えないーー
正面が目指す泉水山。
ひやぁ~まだまだあるぅ~~(汗)
c0366392_21474855.jpg

だいぶ来たね。
風が気持ちいい~~♪
振り返ると由布岳(1,583m)も
きれいに観えます
c0366392_21503395.jpg

あ ツルリンドウの秋バージョン!
かわいいねぇ~♡
こう言う出会いにホッとします。
c0366392_21531293.jpg


はい 着きました!13:12
お疲れ~~
相変わらず時間かかり過ぎ~~(笑)
c0366392_21591291.jpg


お気に入りの場所でお弁当。
風が心地いいねぇ~~♪
硫黄山も観えます。
c0366392_2215265.jpg

c0366392_222896.jpg


では下ります。13:55
c0366392_2232115.jpg

帰りの予定の「下泉水山」へ。
アセビのトンネルから
横道へ進んですぐでした。
c0366392_227850.jpg

山頂は
ごつごつした岩の塊りで
足場が不安定。
右は下りて来た上泉水山。14:25
c0366392_2295939.jpg


下りはやっぱり早いネ。
標準所要時間です(笑)14:39
c0366392_22121552.jpg

帰りは林に入らず
ずっとこの草原を下って行きました。
c0366392_22142050.jpg

そして到着。15:13
************************************************************
c0366392_2217847.jpg

私達のゆる~~い
トレッキング。
爽やかな秋風に可愛い草花・・
優しく包み込んでくれる景色・・
お弁当も美味しかった!
コーヒーも美味しかった!
今日も歩けて
本当にありがとうの1日。


[PR]
# by tanpopo830310 | 2018-10-14 00:00

紅葉はまだちょっと先『霊山610m』#9

山歩きは今年6月初旬の
尾瀬トレッキング以来。
また少しずつ慣らさなくては。
紅葉ももうすぐだし!
c0366392_14344351.jpg

**************************************************************
やっぱり今日はエネルギー的に無難な
正面登山口から。
車は霊山寺Pに駐車。
霊山寺の立派な正門をくぐってーーー11:18
c0366392_14432742.jpg


ーーー正面登山口。11:30
c0366392_14413386.jpg

 
この赤い実は・・?
え ゴンズイ!?
確か魚の名前にそんなのがあったよネ(笑)
c0366392_1449626.jpg


せっかくだから
ちょっと「飛来山」にも。12:00
c0366392_14503296.jpg

c0366392_14504879.jpg


8合目辺り。
あーーやっぱりきつい。。。
ちょっと休憩。
c0366392_14524649.jpg


やっと南登山口分岐に。12:39
c0366392_1454558.jpg

アキノキリンソウ(黄色)とヒヨドリバナ。
ああ 
しばしホッとします。
蜂がいるの判るかナ?
c0366392_1456654.jpg


ハイ 山頂。
ここは展望はイマイチ。12:45
そのまま展望所へ。
c0366392_14572964.jpg

第1展望所から。
大分市西部とーー
正面三角の山はおサルの“高崎山628m”。
c0366392_1535638.jpg

大分市中心部~東部。
c0366392_1572664.jpg


そして第2展望所から。
今日は本当に空気が澄み切ってる!
別府湾~国東半島まできれ~いに見渡せます!
c0366392_15104794.jpg


帰りは南登山口に下りる事に。13:51
c0366392_15122658.jpg

このルートは一気に下ります。
かなり急勾配ですヨ。
上りはさぞかしキツそ(汗)。
c0366392_15151150.jpg

このルートに一体だけいらっしゃる
“馬頭観音菩薩”さま。
いつ拝観しても心惹かれます。
c0366392_15182712.jpg

c0366392_15224736.jpg


もう出ました。
こちらはず~~っと急坂だけど
やっぱり早いネ。14:10
c0366392_1525817.jpg


ここからは落石などで少し荒れた
山中のアスファルト道を
歩く事約20分。
霊山寺Pに無事到着。14:28
お疲れさま。
*******************************************************************
c0366392_15332666.jpg

今日は本当にいいお天気でした!
ブランクは4ヶ月程あったけど
まあまあってとこかナ・・
お弁当も美味しかった!
コーヒーも美味しかった!
木漏れ日も美しかった!
今日も歩けてあ・り・が・と・う!!

[PR]
# by tanpopo830310 | 2018-10-10 00:00

水芭蕉に会いに-尾瀬沼~尾瀬ヶ原縦断ハイキングツアー

今年こそは出かけました。
尾瀬は山野草の宝庫。
水芭蕉は盛りを少し過ぎたものの
それでも十分堪能できました。
c0366392_15331242.jpg

************************************************************
ーー1日目
これはおまけ。
“龍王峡”
奥日光の鬼怒川の上流に沿って続く
美しい渓谷を散策。
c0366392_15374154.jpg

c0366392_1538083.jpg


今夜は南会津“たかつえ温泉”の
高原ホテルに1泊。
この辺り、
冬はスキー場になるらしい。
夕暮れに霞む遠くの山々が
何と美しい事!
c0366392_154567.jpg


ーー2日目
福島県側入り口
“沼山峠(1,784m)”到着。9:22
天気予報は午後から雨模様ですって・・
c0366392_155697.jpg


では出発。9:40
あら 雪・・
c0366392_160339.jpg

ガイドさんが色々教えてくれます。
これも私達の楽しみの一つ。
c0366392_1622941.jpg


上って下って
いよいよ尾瀬沼“大江湿原(1,660m)”
に出ました~!10:56
c0366392_16827100.jpg


♪ミズバショウ~の花が咲いている
夢みて咲いていーるみーずのほとり~~♪ 
c0366392_16121928.jpg

c0366392_16125873.jpg

c0366392_16133124.jpg

リュウキンカと仲良く咲いている♡
c0366392_1615963.jpg

ガイドさんがカシャリ。
“尾瀬沼”と“三本カラマツ”をバックに。
ありがとう。
c0366392_1619813.jpg

“尾瀬沼ビジターセンター”に到着。11:35
c0366392_16243654.jpg

ここでお弁当♡
昨夜の会津のホテルが用意してくれました。
これが美味しくて!完食。
c0366392_1634446.jpg


天気予報当たったネ。。
さあ今日の後半出発。12:18
c0366392_16373999.jpg

いっぱい教えてくださいます。
c0366392_16383725.jpg

シラネアオイにーー
c0366392_164036.jpg

ユキザサ(まだ蕾)。
c0366392_16414211.jpg

チングルマにーー
c0366392_1642193.jpg

キヌガサソウ。
c0366392_16431126.jpg

ああ・・私の記憶力はもう限界かも・・(笑)
ーーガイドさんごめんなさい。
c0366392_16452137.jpg

どこまで行ってもあります。
白い小鳥の群れみたい。
c0366392_1648898.jpg

それにしても“尾瀬沼”は
沼と言っても何と広い事か!
c0366392_1653323.jpg


そろそろ“大江湿原”ともお別れ。
わ 桜!
この ミネザクラ から
“白砂峠”に入って行きます。
c0366392_1784389.jpg

石が濡れてるので滑ります・・
c0366392_17101498.jpg

雨は上がりました。
前方に建物の影が・・
c0366392_17142612.jpg

ついに“尾瀬小屋(1,420m)”到着~~16:00
今日1日お疲れさま~~
談話室はストーブで暖か♡
明日は6時半出発。
c0366392_17195685.jpg


ーー3日目
最終日。
いいお天気!
今日は正面に観える“至仏山(2,228m)”
の麓を目指して進みます。
では出発。6:40
c0366392_1756837.jpg

尾瀬ヶ原湿原(1,409m)
いいお天気~
カッコウの声が
あっちからもこっちからも。
c0366392_1865792.jpg

♪ミズバショウ~の花が咲いている
夢見て匂っていーるみ~ずのほとり~~♪
c0366392_18124535.jpg

そしてここが
良くパンフレットなどに登場する景色。
近年は鹿の被害で
水芭蕉も随分減ったとか。
この辺り
間もなくニッコウキスゲの
黄色一色になるそう。
c0366392_18161464.jpg

♪揺~れ揺れる浮き島よ~~♪
c0366392_182121.jpg


今日も沢山沢山お花の名前を教えてもらって
写真も撮りました。
でも今日の分は割愛します。
c0366392_18233687.jpg

ーーでもこれだけは・・
♪シャクナゲい~ろに黄昏る~~♪
のシャクナゲ色とは
この ヒメシャクナゲ の色だそう。
c0366392_18265597.jpg


この日6人の“歩荷(ぼっか)”さんに出会いました。
平均80~120㎏の荷重って!
尾瀬の山小屋の物資は
ひとえにこの歩荷さん達の
力に頼るしか無いそう。
昨夜おかずを少し残した事が後ろめたい・・
c0366392_18323746.jpg


“山ノ鼻”休憩所に到着。9:24
ここで“至仏山”の雄姿ともお別れ。
シャトルバスの待つ
“鳩待峠(1,591m)”を目指します。
c0366392_1840289.jpg

尾瀬の湿原さようなら~
水芭蕉さんさようなら~
ありがとう~
c0366392_18384692.jpg


さあ最後の追い込み。
c0366392_1841271.jpg

ああ~~着きました~~!11:00
さすがに疲れました~~
後は“片品温泉”で昼食とお風呂♨。
ガイドさん2日間
ありがとうございました!!
c0366392_1845159.jpg

************************************************************
今回、福島県側から入り
群馬県側に出ました。

尾瀬は大勢の関係者の皆さんで
しっかり守られていると感じました。

江間章子さんの「夏の思い出」の
歌詞そのものでした。

でも気象の変化や動物達による
被害も少なからずあるらしく
上手く共生していく事を
模索し続けている様です。

美しい山野草と景色がずっとずっと
守られていく事を願うばかりです。

長々と最後までお付き合い頂き
本当にありがとうございました。
c0366392_18545954.jpg

[PR]
# by tanpopo830310 | 2018-06-05 00:00