里山に恋して

tanpopo830.exblog.jp
ブログトップ

森の貴婦人(オオヤマレンゲ)が住む「猟師岳」(1423.2m)#1

今日の目的はオオヤマレンゲ観賞と猟師岳デビュー。
この時期、多くの人がこの花を求めて訪れるようです。
オオヤマレンゲは蕾、開花、終盤とそれぞれの花の命が楽しめました。
c0366392_1128485.jpg

*********************************
九重森林公園スキー場のゲレンデから出発します。
あの猟師岳途中の林道に“森の貴婦人”は住んでいるようです。
c0366392_13134723.jpg

ゆるいスロープのゲレンデを約15分程上り、
リフト乗車場右脇から林へ入って行きます。
c0366392_11374275.jpg


林の中は良く整備されていてルートも判りやすい。
c0366392_1142892.jpg

c0366392_11425841.jpg

5分程上ると美しい!クマザサの群生。
c0366392_11444340.jpg

ほどなく、こんな看板が。
私達は“うさぎコース”を進みました。
c0366392_11464686.jpg

“カメコース”はどんな感じなんだろ、
ちょっと気になる。。。
c0366392_11483433.jpg

約4分程急斜面を上ったらもう林道に出ました。
さすが“うさぎコース”。
ーーあ~~いるいる。
やっぱり森の貴婦人は人気者だねぇ。
入れ代わり立ち代り訪問者がいます。
c0366392_12164.jpg

早速私達も撮影開始。
清楚で、それでいて風格もあって、凛としてる・・
女性の理想の姿!?かな?
騒ぐ人間たちをひっそりと見下ろしています。
c0366392_1215141.jpg

c0366392_13183132.jpg

後ろ姿からも気品が漂ってきます。
c0366392_12172679.jpg

蕾もまだ沢山ありました(6/17現在)。
そう言えば蓮の花の蕾の形によく似てる…
c0366392_13192642.jpg


ではそろそろ第2の目的、猟師岳山頂へと向かいます。
c0366392_13195912.jpg

しばらくはひたすら上って行きます。
ーーどこかでカッコウの声が・・
c0366392_12581496.jpg

木々が少し途切れてきました。
c0366392_12595394.jpg

何の実がなっているのかと思い、近づくとーー
c0366392_1325058.jpg

ベニドウダンでした。
ちなみに「ドウダン」は「満天星」と書くようです。
正にそんな感じ。
本当にカワイイです♡
c0366392_1344725.jpg

シーズン中は大人気のミヤマキリシマもいよいよ終盤・・
お疲れさま。また来年。
c0366392_13372647.jpg

ベニバナニシキウツギもひっそりと優しく咲いています。
c0366392_13402996.jpg


ーーそして猟師岳山頂!
林道で20分程遊んで、大体1時間40分かかりました(汗)
私達カメさんペースだから(笑)
カメラマン方向は結構いい展望です。
c0366392_13513546.jpg


お弁当も美味しく頂いて、さあ下ります。
一方通行で下りてみる事に。
c0366392_145119.jpg


あ~~やっぱりこっち方向選んで正解~~!!
上り方向と全く違う表情です。
ちょっと霞んでいますが
正面にくじゅう連山の峰々が望めます!
c0366392_20481353.jpg

美しいね~~♪
美しいね~~♪
こんな道を歩いていると本当に気持ちが晴れ晴れ。
気力が湧いてくるのが分ります。
c0366392_1414127.jpg

c0366392_142567.jpg


合頭山(ごうとうさん)との分岐に出ました。
猟師岳とセットで登る方も多い様ですが、
私達は今日は迷わずスキー場の方へ。
何せ、揃って根性無しなものですから(笑)
c0366392_1431524.jpg


どんどん下りて行きます。
c0366392_14323124.jpg

広場に出ました。
リフトの降車場も見えて来ました。
c0366392_14375392.jpg

ゲレンデは下らずに業務用の車道?を下ってみる事に。
正面奥が目的地。
c0366392_14415136.jpg

あらぁ・・まだこんな状態・・
c0366392_14431945.jpg

ちょっと早いけど、ま、いいや♡
c0366392_14444493.jpg


はい。お疲れさま~
かなりゆっくりペースで約1時間。
c0366392_14462840.jpg

*******************************
美しいものに出会うと本当に心が洗われます。
自然はいつも色々と、本当に色々と教えてくれます。
今日も1日無事に歩けてありがとう!で・し・た。
c0366392_14512135.jpg

[PR]
# by tanpopo830310 | 2017-06-17 00:00 | Comments(0)

本日貸し切り!?「指山(ゆびやま)」1,449m #1

♪ミヤマ~キリシマ~咲~き誇り~~
や~ま紅に~ゆ~び山の~~♪
山開きの日は大混雑する筈。
だから一足お先に行って来ました。
c0366392_201221.jpg

***********************************
長者原から観ると「指山」は「三俣山」に寄り添うように重なってます。
この裏側にお花はある筈。
c0366392_20521945.jpg

本日はこちらから。
長者原ヘルスセンター脇です。
c0366392_2025971.jpg


水音や小鳥の声、木々の緑を楽しみながらコンクリートの道を20分程進むとーー
c0366392_2053279.jpg

左側にこの看板がありました。
c0366392_2062943.jpg


ここから林に入って行きます。
c0366392_2071846.jpg


歩きやすく整備された自然観察路。
緑の香り、小鳥の声、木漏れ日・・
心も身体も浄化されていくのが分かります。
c0366392_2011419.jpg
c0366392_20112555.jpg


カンゲキしながら20分程進むとーー
分岐に出ました。
ここから指山本体へ登って行きます。
c0366392_20141397.jpg


さすがに坂道です(当たり前(笑))
でもロープが有るのでルートは分りやすい。
この山は“リョウブ”の木が多いネ(幹が斑模様の木)。
ほら、ここにもあそこにも。
そう言えば観察路にも沢山ありました。
c0366392_20225450.jpg

c0366392_20232860.jpg

ガマズミの花。
秋が楽しみだね。
c0366392_2025122.jpg


10分程上った辺りからだんだん斜度が急になって来ました。
ついにポールの出番です。
c0366392_2027356.jpg


あーーお花!
山頂近いのかナ・・?
c0366392_20285715.jpg

ーーと思いきやお花はパッタリ無くなり、またまた坂道が続きます。
c0366392_20305973.jpg


このスギゴケかわいい~♡
c0366392_20322344.jpg


そして上る事、約35分位。
出たあー!またお花!
山頂近い!?
c0366392_2141675.jpg


ーーと思いきや、またもやパッタリお花は無くなって。。
ーーとその前にクサボケも可愛いから1枚パチリ。
c0366392_2165324.jpg


パッタリとお花は無くなってクマザサの群生が。
ええ~~まだ上るのお~~
c0366392_219253.jpg


あ!はるか上の方ーー
c0366392_21102033.jpg

ズームしてみるとほら!ピンクが!
今度こそかも♡
c0366392_21111367.jpg


あ、そうみたい!
今度こそ!! 三度目の正直!?
c0366392_2113573.jpg

だあ~れもいません。。
貸し切りです(笑)
c0366392_21132198.jpg


そして山頂。
後ろが「三俣山1,741m」。眼前に迫って来ます。
近くで観るとこんなに崩落してる・・
道草をしながら出発から約2時間。
通常は1時間30分前後かも?
青空ではないけれど、まあまあの展望です。
c0366392_21224098.jpg


さあ下山。
あらま、山頂で1時間近くもノンビリしたみたい(笑)
この分岐まで来たら帰りは「雨ヶ池越」方面へ進みました。
c0366392_21283076.jpg

緑のシャワーをたっぷり浴びてーー
林独特のいい香りがします。
c0366392_21375832.jpg

c0366392_21395450.jpg


分岐から約20分後、観察路終点の様です。
c0366392_21414894.jpg

枯れ沢の様な所に出ました。
が・・
ロープは切れてるし、案内テープも見当たらなくてルートが判りません。
さて、どう帰ったらいいのだろう??。。
多分、奥の繁みの中にルートがありそうな気もするのだけれど・・
c0366392_21454330.jpg

私達はここを直で下りる事にしました。
それにしても足場悪いんですけど・・(冷汗)
c0366392_21463938.jpg


20分程で砂防ダムに出ました。
果たして近道だったのかどうか…?
c0366392_21514762.jpg


そして見慣れた林に出て一安心。
c0366392_21552441.jpg

無事到着~(喜)
c0366392_21562069.jpg

***********************************
九重山系でミヤマキリシマと言えば「大船山」や「平治岳」が代表格。
でも、周辺にはそれらに決して負けて無い穴場的な山が沢山有ります。
お花の美しさはどこも全く同じです。
風に震えながら静かに静かにただじっと咲いてる姿を見てると本当に心が洗われます。
本日も無事歩けました。
ありがとうな1日。
そして感動の1日で・し・た。
c0366392_2263430.jpg

[PR]
# by tanpopo830310 | 2017-06-01 00:00 | Comments(0)

アップダウンが続く山「障子岳」(750.8m)#1

張りきって来たもののこの日の体調は今一つ。
でも!帰りは元気元気♪
c0366392_14115052.jpg

********************************
車は宇曽神宮下のⓅに駐車。
5~6分も上るとーー
c0366392_14134885.jpg

本殿下の石段に着きます。
昔の石段を切断するように車道が横切っているのが何とももったいない様な・・
c0366392_14144066.jpg


石段を上り詰めた右側に“障子岳登山口”の小さな黄色い札が。
ここからの様ですが、石段が急だったせいか私は息が上がってちょっと休憩。
歩き始めてまだ10分しか経ってないよ。
大丈夫!?(笑)
c0366392_14225825.jpg


ま、とにかく行ってみましょう・・
c0366392_142427100.jpg


登山口から約20分。
ちょっと休憩。え、もう!?
だって丁度イイ椅子があるんだモン。どうぞって。
c0366392_14274685.jpg


ダウンは少し。アップが多いね・・
そりゃあそうよネ。山頂目指して登ってるんだから(笑)
c0366392_1430152.jpg

それから14分後ーー
はい、また休憩。
c0366392_14335844.jpg

そして4分後ーー
また休憩。
c0366392_14555769.jpg

意外に急坂多いね~~
山頂まあだあ~~?
c0366392_14375659.jpg


そして9分後ーー
また休憩。
c0366392_14385519.jpg


山頂まあだあ~~~?
c0366392_1441748.jpg

7分後ーー
またまた休憩。
c0366392_1442910.jpg


それから上る事10分。
あれ!? もしかしてここ山頂?
c0366392_1444994.jpg

あ!
やっぱり障子岳山頂です!
よかったあ~~♪
展望は殆んどきかないネ・・
c0366392_152416.jpg


小鳥の声と涼風と杉のフィトンチッドを浴びながらしばしエネルギーチャージ♡
c0366392_1545528.jpg

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

エネルギーチャージ出来ました!!
帰りは元気一杯です!
c0366392_1564280.jpg

c0366392_1571986.jpg


途中、唯一展望の開けた場所。
大分市西部と、遠く別府市街地が望めます。
c0366392_15103776.jpg

********************************
ひゃぁ~~全部で6回も休憩とってしまったぁ。。
普通は40分前後で登れる山だと思いますが、この日、1時間もかかってしまいました。
でも初めての山は何があろうとやっぱり新鮮。
無事達成できて今日もありがとうな1日で・し・た(感謝)
c0366392_15173474.jpg

[PR]
# by tanpopo830310 | 2017-04-30 00:00 | Comments(0)

国東半島「天念寺無明橋」+おまけスポットご案内

新緑も随分濃くなってきた4月下旬。
国東半島豊後高田市に在る
「天念寺無明橋」を1度渡ってみたい!と言う
日田市のHさんご夫妻をご案内しました。
今回は天念寺さん→無動寺さんコース。
おまけスポットも少しプラスです。
c0366392_19535797.jpg

**********************************
新緑が随分濃くなりましたね。
岩場は余り観えなくなってしまいましたが、
まずは、あの橋を目指します。
遊びながらゆっくり上ろうネ。
c0366392_1957119.jpg


早速最初の岩場。
ほぼ垂直です。。
c0366392_203157.jpg

上り着くとーー
“小両子岩屋”の立て札。
c0366392_2052043.jpg


進みます。
c0366392_2062116.jpg

そしてまた岩場。
ここもほぼ垂直です。。
Hさん、奥さまが心配…
c0366392_2092824.jpg

上り着いた所は“火打岩屋”とありました。
c0366392_2011462.jpg


進みます。
Hさん、奥さまを気遣います。
c0366392_20124860.jpg


ーー最初に踏み出す足を間違うと、
何だか進みにくくなるのよネ私…
c0366392_20144950.jpg


このお札、鎖は必ずしも100%信頼できるものではありません云々・・
みたいな事を書いてます(ギョッ!!)
c0366392_20185174.jpg

c0366392_20192238.jpg


あ、ちょっと開けて来た~~(嬉し)
c0366392_2021421.jpg


ビュースポットに出ました!
風があるから気を付けてね…
c0366392_20225093.jpg

奥さま、とっても嬉しそう♪
c0366392_202855.jpg


無明橋まであと一息ですよ。
c0366392_2029470.jpg


着きました!!
念願だった場所へ来ましたよ。
奥さま、さあどうぞ。お渡りください!
記念すべきショットをとカメラマンが構えていますよ。
c0366392_2031234.jpg

ではワタクシも・・#2
c0366392_20324063.jpg


Hさんご夫妻の念願が叶いました。
良かったネ(喜)
では下りましょう。
c0366392_2035237.jpg


こう言う岩って上るより下りる方が怖いね・・
前回は逆コースだったので、ここを上ったのですが・・
c0366392_20393878.jpg

c0366392_20395654.jpg

こちらは難易度が少し高いそうです。
私達は右側から下りて来ました。
c0366392_20421399.jpg


では記念写真を1枚。
c0366392_2049914.jpg

そして“龍門岩屋”
c0366392_20501858.jpg


では、そろそろ下りましょう。
帰りは反対側の「無動寺」さん方向に下ります。
c0366392_20524682.jpg


あらら・・竹がすごいネ・・
タケノコはまだみたいね・・
c0366392_20543662.jpg


ハイ、麓に出ました。
正面が“無動寺”さんです。
あ、まだ御衣黄桜?ウコン桜?が咲いてますね。
お疲れさまでした!
c0366392_20574413.jpg


せっかくなので、昼食の後は修正鬼会で有名な“天念寺”さんとーー
美しい造形ですね!
c0366392_2112334.jpg

“川中不動尊”を散策。
(何かとお世話になっているguitarra kaoさんのご実家はこのすぐ傍です)
c0366392_2154194.jpg


時間が有るからちょっと移動しましょう。
車で約20分位。
“尻付観音”から“大不動岩屋”を目指します。
水音や小鳥の声を聴きながら木漏れ日の中を約40分程上ります。
c0366392_2111628.jpg

c0366392_2111262.jpg


ーー観えて来ましたよ・・
峯道ロングトレイルK-1コースのビュースポットの1つ
“大不動岩屋”です。
c0366392_21144877.jpg

スゴイね…
古の修行僧の人達はここで座禅など組んでいたのでしょうか・・
c0366392_2117089.jpg

c0366392_21173248.jpg


お日さまも西に傾き始めました。
そろそろ帰りましょう。
まだまだご案内したい所は沢山有るけれど次回にとっておきましょう。
c0366392_2122158.jpg

*******************************
1日お天気にも恵まれました。
Hさんご夫妻とも同じ価値観を共有できた気がします。
本日も本当に幸せでありがとうな1日でした。
c0366392_21291676.jpg

[PR]
# by tanpopo830310 | 2017-04-22 00:00 | Comments(0)

国東半島「千燈岳」(605.8m)第1回山開き

4月中旬。
国東の山々は、私の大好きな山桜もまだ十分残っていました。
c0366392_16285975.jpg

********************************
第1回目の山開きとあって、
“不動茶屋”は大勢の人達が集まっていました。
登山安全祈願の神事もていねいに行われてーー
c0366392_16333612.jpg

“不動茶屋”から望む「千燈岳」。
高低差334m。斜度45°との説明がありました(大丈夫か!?)
c0366392_16371064.jpg


9:30さあ出発。
c0366392_16384230.jpg

c0366392_163968.jpg


約10分程坂道を上って行くとーー
c0366392_16401638.jpg
c0366392_16403430.jpg

ロングトレイルのビュースポットの一つ、
「五辻不動尊」に出ました。
c0366392_1644214.jpg

帰りにゆっくりお参りする事にして・・
進みます。
巨岩の下が先程のお不動様です。
c0366392_16462478.jpg


ここを過ぎるとアップダウンを繰り返しながら
木漏れ日の中の林を約40分程歩きます。
c0366392_1648309.jpg

c0366392_1649161.jpg

時々、木々の間から「千燈岳」が見え隠れします。
美しい稜線ですネ。
c0366392_1651269.jpg


林道に出ました。
ちょっと休憩。
c0366392_16542520.jpg

この林道を渡って、ここからが「千燈岳」本体の上り口ですって(え!?もう十分歩き疲れましたが…)
気合を入れ直して(笑)
c0366392_16561048.jpg


ひたすらアップばっかり・・
ダウンは無し(汗)
c0366392_1722274.jpg

c0366392_172418.jpg

鎖は有りません。
ダンナさま慎重にネ…
c0366392_1735311.jpg

ホッ・・
c0366392_1743138.jpg


この辺り、もう皆さんかなり喘いでいます・・(苦し)
c0366392_17515430.jpg

もちろん私達も!
c0366392_1761648.jpg


あ・・なんか開けて来たみたい・・
c0366392_1772159.jpg


11:15 あ~~山頂でーす!
出発から約1時間45分。
山頂は割と広々してます。
トレイルクラブのスタッフさん達がきれいに整備してくれていました。
ありがたいです。
c0366392_1815112.jpg

国東半島最高峰の“両子山”や“文殊山”が望めます。
c0366392_17125774.jpg


上ったからには下りなければなりません。
こう言う斜面は上りより下りの方が
私はコワイ。。。
c0366392_17152553.jpg
c0366392_17154493.jpg
c0366392_1716139.jpg

ここほぼ垂直(上りよりコワそ…)鎖無いからネ…
こんな所は後ろ向きに下りる方がいいネ…
(おっと ダンナさまのお尻で失礼)
c0366392_17195942.jpg


あ、林道に出ました。
やっぱり上りの約半分の時間で着きました。
c0366392_1721228.jpg


林道を渡って再び木漏れ日を楽しみながら、
アップダウンの林を“五辻不動尊”へと進みます。
c0366392_17235282.jpg


この奇岩の下がお不動様。
c0366392_1820392.jpg

帰りはゆっくりお参りしてーー
c0366392_1726256.jpg

サヨナラしてーー
c0366392_17275993.jpg

見下ろすとーー
c0366392_17285010.jpg

あの物議を醸したゴームリーさんの像が在るのよネ・・
c0366392_17305760.jpg

まあ私の主観はともかくとして話のタネに・・
それにしてもキケンな場所にあるのネェ・・
c0366392_17343260.jpg


無事到着。
かなりゆっくり遊んで約1時間30分。
温かい豚汁と地元米のおにぎり、それにバナナの
『おせったい』で待っててくれました♡
c0366392_17404191.jpg

嬉しい楽しい山開き。
今日も無事に歩けてありがとうな1日でした。
c0366392_17401630.jpg

[PR]
# by tanpopo830310 | 2017-04-15 00:00 | Comments(2)